店舗情報 Shop information




うめやクリーニングへのアクセスマップ






賠償責任免除事項 Liability limit

以下の項目は、クリーニング業法に基づく【賠償基準】より、クリーニングにおける免責事項ですので、予めご了承ください。

「クリーニング店と関係者の求償」より抜粋

○消費者に責任がある場合

1.消費者が付けた食べこぼし、香粧品、ドロはねなどのシミで、正常なクリーニング処理技術で除去できないもの。

2.消費者が付けた汗ジミで、正常なクリーニング処理技術で除去できないもの。
また、クリーニングの熱処理で浮き出たものも含む。

3.消費者の着用摩擦による自然消耗が、クリーニング処理で目立ったもの。

4.消費者が付けたタバコの火や、客がストーブに触れたための焼け焦げ、収縮、変色、損傷。

5.消費者の保存中における虫食いによる穴あきがクリーニング処理で表面化したもの。

6.消費者の保存中にガスやカビによって変退色したもの。

7.消費者が行ったシミ抜き、漂白、糊付、洗濯などが原因でクリーニングで脱色、変退色、収縮、硬化、損傷が目立ったもの。

8.その他、消費者が通常に使用、手入れ、保存をしていれば、防止できる事故で、クリーニングによって、その事故が浮き出て、明瞭になったもの。

9.正常なクリーニングによる、ポリウレタン、塩化ビニル等の合成皮革製品、プリント加工品等のひび割れ、表面脱落、付属装飾品の部分脱落等。(項目3に関連)

10.紫外線、大気中のガス等による生地の劣化が原因でクリーニングによって生じたホツレ、破れ等(特にカーテン等)。(項目3または6に関連)